BookLive「ブックライブ」のOverDrive無料立ち読み


「いっしょに逃げよう」大学生のリョータは、ある日突然帰宅途中に同居人のホスト、田宮に待ち伏せされ、訳も判らぬまま逃避行を始める。最初はそれを楽しんでいた“天然”なリョータだったが、田宮の逃げる理由と自分への特別な気持ちを知り、想いを受け入れ、結ばれるが――。表題作『OverDrive』と日常へ戻った二人の気持ちの変化を描く続編『Fly High』の他、読み切り6作品を収録!
続きはコチラ



OverDrive無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


OverDrive詳細はコチラから



OverDrive


>>>OverDriveの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)OverDriveの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するOverDriveを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はOverDriveを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してOverDriveを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)OverDriveの購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)OverDriveを勧める理由

OverDriveって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
OverDrive普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
OverDriveBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にOverDriveを楽しむのにいいのではないでしょうか。


評判となっている無料コミックは、スマホやタブレットがあれば読めます。移動中、昼食後、病・医院などでの受診までの時間など、好きな時間に手軽に見れます。
日頃からたくさん漫画を読むという方にしてみれば、固定の月額料金を支払うだけでどれだけでも読み放題で堪能できるというプランは、まさに革命的だと言えそうです。
一カ月の利用料が固定のサイトユーザー登録せずに使えるサイト、1巻単位で決済するサイト、無料で読める作品が山のようにあるサイトなど、コミックサイトもいろいろと違いがありますので、比較していただきたいですね。
コミックブックと言うと、「若者を対象としたもの」というイメージがあるかもしれないですね。しかし昨今のBookLiveOverDriveには、壮年期の人が「昔を思いだす」と思えるような作品も数え切れないくらいあります。
買うかどうか悩む漫画があれば、BookLiveOverDriveのサイトで無償の試し読みをしてみるのがおすすめです。読むことができる部分を見て面白さが分からないと思ったら、買わなければ良いのです。


ページの先頭へ