BookLive「ブックライブ」の「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのか無料立ち読み


中国で飲食ビジネスを成功させるにはどうしたらいいか――。大繁盛ラーメンチェーン「博多一風堂」を率いる河原成美氏が、上海の外食企業と合弁会社を設立し中国にのり込んだのは2003年10月。中国市場に合ったラーメンの新ブランドを展開すべく、苦労を重ねる。第1部では、ひと筋縄ではいかない中国市場の問題点を著者自らの経験にもとづいて具体的、かつ赤裸々に語り、いかに立ち向かったかをつづる。第2部では、上海で活躍する外食企業がどうして繁盛しているかを分析する。得体のつかめない存在、中国は、まさに「ドラゴン」そのものだ。河原氏の体験、分析、そして前向きな思考は、中国進出をめざす企業の参考になるはずだ。
続きはコチラ



「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのか無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのか詳細はコチラから



「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのか


>>>「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかの購入価格は税込で「462円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかを勧める理由

「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのか普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかを楽しむのにいいのではないでしょうか。


月額の料金が一定のサイト、登録しなくても利用できるサイト、1巻ごとに決済するサイト、無料のコミックが沢山あるサイトなど、コミックサイトもそれぞれ異なる点があるので、比較した方が良いでしょう。
移動している時も漫画を楽しんでいたいという方にとっては、BookLive「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかほど便利なものはないと言っていいでしょう。スマホというモバイルツールをカバンに入れておくだけで、好きな時に漫画が読めます。
「連載されている漫画だからこそいいんだ」という方には不要です。されど単行本が発売になってから購入するという利用者にとっては、先に無料漫画にて概略を確かめられるというのは、購入判断の助けになるはずです。
まだ幼いときに何度も読んだお気に入りの漫画も、BookLive「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかという形で取り扱われています。一般の書店では取り扱っていない漫画もいろいろ見つかるのがポイントだと言い切れます。
電子書籍の人気度は、どんどん高くなっています。そうした状況において、利用者が増えているのが読み放題というサービスになります。利用料を気にしなくても大丈夫なのが最大の特徴と言えます。


ページの先頭へ