BookLive「ブックライブ」の『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史無料立ち読み


1960年代に中央公論社で起きた、「風流夢譚」事件、「思想の科学」事件(「思想の科学」の発行を請け負っていた中央公論社が「天皇性特集号」を発売せずに断裁処分した後、当該号を公安調査庁係官に閲覧させた事件)、さらにこれらの事件に端を発した「言論の自由」問題をめぐる社内の混乱を、現役社員、かつ当事者という立場にありながら綴った貴重なドキュメント。戦争という大きな犠牲を払ってやっとつかんだ「言論の自由」が、早くもこの時期に崩れ始め、かつ今日のメディアの頽廃と一直線につながっていることを教えてくれる。関連書籍は「風流夢譚」(深沢七郎)、「一九六一年冬「風流夢譚」事件」(京谷秀夫)。
続きはコチラ



『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史詳細はコチラから



『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史


>>>『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史の購入価格は税込で「359円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史を勧める理由

『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史を楽しむのにいいのではないでしょうか。


スマホ上で読む電子書籍は、一般的な書籍と違いフォントサイズを好きに変えることが可能ですから、老眼で見えづらい高齢の方であってもスラスラ読めるという特徴があるというわけです。
書籍の販売低迷が指摘される中、電子書籍は今までにない仕組みを導入することで、新規ユーザーを増加させています。前代未聞の読み放題プランがそれを現実化したのです。
コミックサイトは1つしかないというわけではないのです。それらのサイトを面倒くさがらずに比較して、自分の希望に近いものを見い出すことが不可欠です。そうすれば後悔しなくて済みます。
物語という別世界に熱中するというのは、日頃のストレス解消に非常に役に立ってくれるでしょう。複雑怪奇な話よりも、シンプルで分かりやすい無料アニメ動画などの方がいいと思います。
様々なジャンルの本をたくさん読みたいというビブリオマニアにとって、何冊も買うのは金銭的な負担も大きいものです。しかし読み放題プランなら、1冊毎の単価を安く済ませることができます。


ページの先頭へ