BookLive「ブックライブ」の開戦前夜無料立ち読み


昭和十五年十一月二十五日朝、元老西園寺公望死去を報じる新聞には、野村吉三郎海軍大将の「超大型」駐米大使就任の記事が載った。その朝、引き揚げ日本人客を乗せアメリカから横浜に帰港した新田丸から、二人の米国人神父が上陸する。出迎えたのは予備役海軍少将山本信次郎だった……。対日輸出禁止、渡航制限など、最悪の時期を迎えた日米関係を打開すべく水面下ではさまざまな動きが進むが、現実に進行したのは、相互理解の拒否、善意の拒絶、強圧と屈服要求だった。
続きはコチラ



開戦前夜無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


開戦前夜詳細はコチラから



開戦前夜


>>>開戦前夜の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)開戦前夜の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する開戦前夜を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は開戦前夜を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して開戦前夜を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)開戦前夜の購入価格は税込で「864円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)開戦前夜を勧める理由

開戦前夜って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
開戦前夜普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
開戦前夜BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に開戦前夜を楽しむのにいいのではないでしょうか。


「電車で移動中に漫画本を開くなんて絶対に無理」、そんな人であってもスマホのメモリに漫画をダウンロードしておけば、人目を気に掛ける必要がなくなるはずです。ココがBookLive開戦前夜の特長です。
「外出先でも漫画が読めたらいいな」などと言う人に好都合なのがBookLive開戦前夜です。重たい漫画を持って歩くということからも解放されますし、荷物そのものも軽量化できます。
本の購入代金というものは、1冊ずつの代金で見れば安いと言えますが、沢山買えば1ヶ月の合計金額は大きくなります。読み放題プランなら定額になるため、支出を節減できます。
バッグを持たない主義の男性陣にとって、スマホで無料電子書籍を満喫できるというのは非常に重宝します。分かりやすく言うと、ポケットに保管して本とか漫画を持ち運ぶことができるというわけなのです。
読み放題という形は、電子書籍業界からすればさながら革新的とも言える試みなのです。利用する方にとっても制作者にとっても、利点が多いのです。


ページの先頭へ