BookLive「ブックライブ」のあしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまで無料立ち読み


金融システムは私たちの経済生活を支えている。しかし、その核となる「銀行」について知られていないことは驚くほど多い。たとえば、「銀行は預金でも貸出でも利益をあげていない」「貸し渋りを受けた中小企業は4%に過ぎない」「ALMという隠れた利益の源がある」といったことである。本書では、メガバンク誕生の歴史や預金・貸出業務の現実から始まり、ALMというしくみ、金融技術、あしたの銀行像までを解説する。そうした銀行に関する正確な知識は、私たちの経済生活の礎となるはずだ。あしたのための「銀行学」を学び、正しい判断力を養える一冊。
続きはコチラ



あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまで無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまで詳細はコチラから



あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまで


>>>あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するあしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はあしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してあしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでの購入価格は税込で「730円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでを勧める理由

あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまで普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
あしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にあしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでを楽しむのにいいのではないでしょうか。


「電子書籍はどうも苦手だ」と言う人もそこそこいるようですが、一度でもスマホを使って電子書籍を読めば、その利便性や決済のしやすさからヘビーユーザーになる人が少なくないようです。
「目に見える場所に保管しておけない」、「持っていることだってヒミツにしておきたい」と思う漫画でも、BookLiveあしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでを役立てれば誰にも内緒のままで読むことができるのです。
BookLiveあしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでのサイト次第では、1巻丸々無料で試し読みすることが可能というところも存在します。まずは1巻だけ読んでみて、「楽しいと感じたなら、続きの巻を購入してください」というシステムです。
多くの書店では、本棚に並べる漫画を立ち読みさせないために、カバーをかけるのが普通です。BookLiveあしたのための「銀行学」入門 貸し渋りの真実から銀行の収益モデルまでの場合は試し読みというサービスがあるので、絵柄や話などを精査してから購入ができます。
誰でも読める無料漫画を提供することで、利用する人を増やし売上につなげるのが電子書籍を運営する会社にとっての目論みだと言えますが、当然利用者も試し読みができるので、躊躇なく購入できます。


ページの先頭へ