BookLive「ブックライブ」のこどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~無料立ち読み


すべての世代に向け、夜回り先生から贈る“命の言葉”「おれ、クスリやってた」「わたし、援交やってます」「俺、死にたい」「わたし、生きてていいですか?」――19万人ものこどもたちから寄せられた53万通もの叫び声――そのひとつひとつに必死に応え続けた“夜回り先生”こと水谷修が、「今、一番伝えたいこと」として書き下ろしたメッセージ集『こどもたちへ』の、文庫本を電子化。しかも、文庫化に際して、水谷氏の視線は、かつて子ども達の敵として戦い続けてきた“大人たち”にも向けられる。「私は、ずっと気づいていました。子どもたちを傷つける大人たちにも、子ども時代があったことを。そして、そこで、私が関わる多くの子どもたちと同じように、心ない親や先生、大人たちによって傷つけられていたことを。そんな大人たちの過去を知りながらも、私は、多くの母親や父親たちを追い込んできました。ただ、子どもたちを救うためという青い正義感で。今、私は、謝ります。」(本書より)――約40ページに亘る書き下ろしメッセージ集「おとなたちへ」も収録し、本書は、混迷の時代を生きるすべての世代にとって、29章の福音書となった。
続きはコチラ



こどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


こどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~詳細はコチラから



こどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~


>>>こどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)こどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するこどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はこどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してこどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)こどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~の購入価格は税込で「442円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)こどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~を勧める理由

こどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
こどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
こどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にこどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~を楽しむのにいいのではないでしょうか。


1巻ずつ本屋で購入するのは大変です。だけども、まとめて買うのは面白くもなんともなかった時の金銭的なダメージが甚大だと言えます。BookLiveこどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~なら一冊一冊買えるので、その点心配無用だと言えます。
漫画雑誌と言えば、「若者を対象としたもの」というイメージを持っているのではありませんか?だけどこのところのBookLiveこどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~には、50代以降の方でも「若かりし日を思いだす」と口にされるような作品も数え切れないくらいあります。
「自宅以外でも漫画を読み続けたい」などと言われる方にちょうど良いのがBookLiveこどもたちへ おとなたちへ ~夜回り先生から29の生きるメッセージ~だと言っていいでしょう。その日に読みたい本を持って歩くことが不要になり、荷物自体も軽くなります。
放映されているものを毎週オンタイムで視聴するというのは面倒ですが、無料アニメ動画として配信中のものなら、あなたの空いている時間を使って視聴することができるのです。
「どこのサイトを通じて本を購入するのか?」というのは、結構重要な要素だと考えています。値段とかシステムなどに違いがあるわけなので、電子書籍に関しましては色々比較して決めなければならないと考えています。


ページの先頭へ