BookLive「ブックライブ」の日米未来戦無料立ち読み


大正時代、国際協調・軍縮・平和が声高に叫ばれたが、日米の利害対立も表面化しつつあり、そうした時代背景から、少年少女に向けて来るべき日米戦争をシミュレーションした人気作家がいた。今はあまり知る人もないが、その作家の名は宮崎一雨という。“国交断絶! 日米開戦! 聯合艦隊は一路フィリピンを目指し、ルソン島に上陸した帝国陸軍はオロンガポー軍港を攻略する。しかし、帝国海軍の勢力は米国海軍の半分にすぎない。恐るべき優勢な敵の大艦隊がハワイから急航しつつあった。たとえこれを全滅させても、敵にはまだ大西洋艦隊がある。あゝ、建国以来の大難境! 千古未曾有の大困難!”昭和の太平洋戦争の行方を予言した古典SFの名作が、電子書籍でよみがえった。気鋭の艦船3DCG作家、一木壮太郎氏による挿画と巻末には戦前の大衆児童文学と未来戦記の系譜についての上田信道氏による書き下ろし解説。
続きはコチラ



日米未来戦無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


日米未来戦詳細はコチラから



日米未来戦


>>>日米未来戦の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)日米未来戦の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する日米未来戦を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は日米未来戦を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して日米未来戦を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)日米未来戦の購入価格は税込で「926円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)日米未来戦を勧める理由

日米未来戦って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
日米未来戦普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
日米未来戦BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に日米未来戦を楽しむのにいいのではないでしょうか。


利用する人が急激に増えてきたのがBookLive日米未来戦の現状です。スマホに漫画を表示させることが普通にできるので、場所をとる本を常時携帯することも不要で、手持ちの荷物を減らすことができます。
入手してから「期待していたよりも面白くなかった」としても、書籍は交換してもらうことは不可能です。でも電子書籍なら試し読みが可能ですから、こういった状況を防止できるというわけです。
「連載になっている漫画を購入したい」と言われる方には必要ないでしょう。だけども単行本になってから購入するという方々からすると、先に無料漫画にて大筋を確認できるというのは、本当に役立ちます。
スマホやタブレットで電子書籍を入手すれば、通勤中や休憩中など、好きなタイミングで夢中になれます。立ち読みもできるシステムとなっていますから、店頭まで足を運ぶ必要がないのです。
電子無料書籍をうまく活用すれば、労力をかけて書籍売り場で内容を確認するといった面倒なことをしなくて済むようになります。そんなことをせずとも、スマホの「試し読み」で内容の下調べが可能だからというのが理由です。


ページの先頭へ