BookLive「ブックライブ」の迷宮の扉無料立ち読み


金田一耕助の行く所、必ず事件あり。三浦半島巡りを楽しんでいた金田一は、嵐に遭い、竜神館という屋敷へ逃げこんだ。直後、一発の銃声と共に背中を撃たれた男が土間に倒れこんできた。殺された男は、毎年この屋敷の主、東海林日奈児少年の誕生日に、カードを届け、ケーキを切りにくる男だった。莫大な財産をめぐる人々の葛藤をテーマに、完璧なトリックと緻密な構成で描く傑作本格推理、ほか二篇。カバーイラスト/杉本一文
続きはコチラ



迷宮の扉無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


迷宮の扉詳細はコチラから



迷宮の扉


>>>迷宮の扉の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)迷宮の扉の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する迷宮の扉を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は迷宮の扉を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して迷宮の扉を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)迷宮の扉の購入価格は税込で「496円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)迷宮の扉を勧める理由

迷宮の扉って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
迷宮の扉普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
迷宮の扉BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に迷宮の扉を楽しむのにいいのではないでしょうか。


バッグなどを持たない主義の男性陣にとりましては、スマホで無料電子書籍を読むことができるというのは素晴らしいことです。言ってみれば、ポケットにインして書籍を持ち歩けるわけなのです。
「電子書籍は嫌いだ」とおっしゃる本好きな人も多々ありますが、一度でもスマホを活用して電子書籍を閲覧したら、その使い勝手の良さや決済のしやすさからハマってしまう人が大半だそうです。
シンプルライフという考え方が徐々に支持されるようになった最近では、本も書物として持ちたくないということで、BookLive迷宮の扉を経由して耽読する人が増加しつつあります。
本や漫画の購入代金は、1冊のみの料金で見れば安いと言えますが、たくさん購入してしまうと、毎月の支払は高くなってしまいます。読み放題を利用するようにすれば定額になるので、出費を節約できます。
本のネットショップでは、基本はタイトルと表紙、ざっくりとした内容しか見ることはできません。ところがBookLive迷宮の扉を利用すれば、数ページを試し読みで確かめることが可能です。


ページの先頭へ