BookLive「ブックライブ」の逝年無料立ち読み


人生にも恋愛にも退屈していた二十歳の夏、「娼夫」の道に足を踏み入れたリョウ。所属するボーイズクラブのオーナー・御堂静香が摘発され、クラブは解散したが、1年後、リョウは仲間と共に再開する。ほどなく静香も出所するが、彼女はエイズを発症していた。永遠の別れを前に、愛する人に自分は何ができるのか? 性と生の輝きを切なく清澄にうたいあげる、至高の恋愛小説。傑作長編『娼年』続編。
続きはコチラ



逝年無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


逝年詳細はコチラから



逝年


>>>逝年の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)逝年の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する逝年を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は逝年を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して逝年を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)逝年の購入価格は税込で「432円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)逝年を勧める理由

逝年って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
逝年普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
逝年BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に逝年を楽しむのにいいのではないでしょうか。


次々に新タイトルが追加されるので、毎日読んだとしても読むものが無くなる心配は不要というのがコミックサイトのメリットです。書店では販売されないマニアックなタイトルも閲覧できます。
スマホ1台あれば、気の向くままにコミックにどっぷり浸ることが可能なのが、コミックサイトの利点です。単冊で買うタイプのサイトや月額料金が固定のサイトなどがあります。
買うかどうか悩む作品がある場合には、BookLive逝年のサイトで0円の試し読みを活用してみる方が確実です。読める分を見て魅力を感じなければ、購入する必要はないわけです。
サービスの詳細については、提供会社によって変わります。そんな状況なので、電子書籍を何所で買い求めることにするのかは、比較検討すべき事項だと思っています。軽い感じで決定してはダメです。
「通勤時にも漫画を満喫したい」などとおっしゃる方に最適なのがBookLive逝年です。単行本を帯同する必要性もなく、荷物も減らせます。


ページの先頭へ