BookLive「ブックライブ」の日本の未来について話そう -日本再生への提言-無料立ち読み


世界をリードする65人が執筆2011年3月11日に日本を襲った東日本大震災、津波被害、そして福島第1原発問題。現在、世界中の目が日本に向けられている。日本は復興に向け動き出したが、震災以前から抱える数々の問題は依然日本の将来に影を落としている。国内政治の混乱や巨額の負債、高齢化、硬直化した教育制度と若者の意欲喪失に加え、技術や革新の分野での国際競争力の低下や外交問題など、憂事は尽きない。本書は、世界的な経営コンサルティング会社、マッキンゼー・アンド・カンパニーが、世界のオピニオンリーダーに日本が直面する問題について、それぞれの視点での提言を求め、それをまとめた1冊である。著者の方々はその優れた洞察力のもと、時折ユーモアも交えながら、日本への愛情に満ちた筆によって日本の過去、現在、そして最も重要な未来を描き出している。グローバル企業のCEO、ピューリッツァー賞受賞作家、ゲームクリエイター、サッカー監督、民間人校長、漫画家、建築家など、幅広い顔ぶれの寄稿者がそれぞれの視点で日本を語るというユニークな企画により編まれた本書は、いまの日本を読み解くための手がかりとなるだろう。著者武田薬品工業 代表取締役社長 長谷川閑史ルノー 取締役会長兼最高経営責任者(CEO)、日産自動車 社長兼CEO カルロス・ゴーンソフトバンク 創設者・代表取締役社長 孫正義ファーストリテイリング 代表取締役会長兼社長 柳井正サッカー日本代表 前監督 岡田武史国際情報専門フリーライター、コンサルタント、『エコノミスト』前編集長 ビル・エモットスターバックスコーポレーション 会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)ハワード・シュルツ漫画家 弘兼憲史ディー・エヌ・エー(DeNA) 最高経営責任者(CEO) 南場智子ほか46人
続きはコチラ



日本の未来について話そう -日本再生への提言-無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


日本の未来について話そう -日本再生への提言-詳細はコチラから



日本の未来について話そう -日本再生への提言-


>>>日本の未来について話そう -日本再生への提言-の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)日本の未来について話そう -日本再生への提言-の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する日本の未来について話そう -日本再生への提言-を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は日本の未来について話そう -日本再生への提言-を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して日本の未来について話そう -日本再生への提言-を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)日本の未来について話そう -日本再生への提言-の購入価格は税込で「1231円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)日本の未来について話そう -日本再生への提言-を勧める理由

日本の未来について話そう -日本再生への提言-って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
日本の未来について話そう -日本再生への提言-普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
日本の未来について話そう -日本再生への提言-BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に日本の未来について話そう -日本再生への提言-を楽しむのにいいのではないでしょうか。


「スマホの小さな画面だと楽しめないのでは?」とおっしゃる人がいることも把握していますが、実際にBookLive日本の未来について話そう -日本再生への提言-を買ってスマホで閲覧してみると、その快適さに驚かされる人が多いです。
“無料コミック”を活用すれば、買うべきかどうか悩んでいる漫画の最初の部分を試し読みで閲覧することができるのです。入手前にストーリーの流れなどを大体確かめられるため、非常に人気を博しています。
皆に平等に与えられた時間を効率的に過ごしたいとおっしゃるなら、空き時間を有意義に活用することが大事です。アニメ動画を見るくらいは通勤の途中でもできますので、そういった時間を有効に使う方が良いでしょう。
どういった物語なのかがまったくわからずに、カバーの見た目だけで読むかどうか決めるのは難易度が高いです。無料で試し読み可能なBookLive日本の未来について話そう -日本再生への提言-だったら、大まかな内容を確認した上で買えます。
「大体の内容を知ってからでないと不安だ」という考えを持つ方々にとって、無料漫画というものは長所だらけのサービスだと言って間違いないのです。販売者側からみても、新しい利用者獲得に効果のある戦略だと言えます。


ページの先頭へ