BookLive「ブックライブ」の火と汐無料立ち読み


八月十六日は京都の“大文字”の夜。興奮にざわめく人混みのなかを、一つの情事が進行していた。しかし祭の最中、人妻は送り火に見とれる男の前から姿を消した。同じ時、油壺と三宅島の間では、人妻の夫が参加するヨットレースがおこなわれていた。女を見失い、呆然と東京に戻った男の耳に飛び込む夫のヨットでのクルーの死亡事故、そして男の家のすぐ近所で人妻の遺体発見。鉄壁のアリバイ崩しに挑む本格推理「火と汐」と「証言の森」「種族同盟」「山」の四篇を収録した短篇集。
続きはコチラ



火と汐無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


火と汐詳細はコチラから



火と汐


>>>火と汐の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)火と汐の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する火と汐を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は火と汐を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して火と汐を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)火と汐の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)火と汐を勧める理由

火と汐って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
火と汐普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
火と汐BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に火と汐を楽しむのにいいのではないでしょうか。


無料電子書籍をうまく活用すれば、やることが無くて手持無沙汰で仕方ないなんてことがなくなります。仕事の空き時間とか通勤時間などでも、大いに楽しめるでしょう。
「どこから本を購入するのか?」というのは、結構重要な事です。値段とか仕組みなどに違いがあるわけなので、電子書籍と申しますのは比較して決めないとなりません。
「他人に見られる場所に置き場所がない」、「愛読していることを秘匿しておきたい」と思わざるを得ない漫画でも、BookLive火と汐ならば近くにいる人に知られずに読み続けられます。
昨今、電子書籍業界では価格破壊的な「読み放題」というサービスが誕生し注目度が高くなっています。1冊いくらではなくて、各月いくらという料金体系を採用しています。
コミックブックと言うと、「中高生向けに作られたもの」という印象を持っているかもしれません。ですがここ最近のBookLive火と汐には、40代以降の方が「思い出深い」と口にされるような作品も山ほどあります。


ページの先頭へ