BookLive「ブックライブ」の電子出版の未来図無料立ち読み


2010年は「電子出版元年」といわれた。出版業界は右往左往したが、まだ先行きが見通せないでいる。市場規模2兆円に届かないほどの業界かもしれないが、ライターやカメラマンから組版会社、印刷会社、取次、書店と従事する人の職種は幅広い。では、電子書籍リーダーで紙の本はなくなるのか。出版社や編集者はもういらないのか。2011年はどの方向に進んでいくのか。そんな疑問に答えるのが、米国在住の若きIT起業家。著者は、日本に先駆けて米国で起業し、いち早く電子出版を始め、自らの体験的電子出版論で日本の未来図を描き出す。詳しくは本文に譲るとして、その将来像を「ソーシャル・メディア」というキーワードで説明する。タイトルを「電子書籍」ではなく「電子出版」としたのは、ビジネス(出版業)に重きを置いたから。出版業界はもちろんのこと、IT業界、クリエイターたちに読んでもらいたい1冊である。
続きはコチラ



電子出版の未来図無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


電子出版の未来図詳細はコチラから



電子出版の未来図


>>>電子出版の未来図の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)電子出版の未来図の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する電子出版の未来図を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は電子出版の未来図を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して電子出版の未来図を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)電子出版の未来図の購入価格は税込で「650円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)電子出版の未来図を勧める理由

電子出版の未来図って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
電子出版の未来図普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
電子出版の未来図BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に電子出版の未来図を楽しむのにいいのではないでしょうか。


書籍の販売低下がよく言われる中、電子書籍は画期的な仕組みを導入することで、新規のユーザーを飛躍的増加させているのです。昔は考えられなかった読み放題というプランがそれを実現する原動力となったのです。
「電車やバスに乗っていて漫画を持ち出すのは恥ずかし過ぎる」と言われる方でも、スマホに直接漫画を入れておけば、他人の目を気にする必要はなくなります。これこそがBookLive電子出版の未来図人気が持続している理由の1つです。
店舗では、本棚のスペースの問題で置ける書籍の数に制約が出てしまいますが、BookLive電子出版の未来図だったらこんな類の制限をする必要がなく、少し古いコミックも販売できるのです。
1冊1冊書店まで行って買うのは面倒なことです。だとしても、一気に買うというのは退屈な内容だったときの金銭的・心理的ダメージが大きいです。BookLive電子出版の未来図は読み終わるたびに買えるので、失敗する確率も低いと言えます。
とてもたくさんの人が無料アニメ動画を見ているようです。やることのない時間とかバスとか電車での移動中の時間などに、簡単にスマホで見られるというのは、非常に便利だと言えます。


ページの先頭へ