BookLive「ブックライブ」のキャッチャー無料立ち読み


舞台は、広島県の南西部、瀬戸内海に面した港の町、呉市。主人公の十五歳の少年、水島潤には不思議な力が備わっている。死んだ人たちが見えたり、その人たちの思いを感じ取ったり(キャッチ)することできるのだ。夏休みのある日、潤は第二次世界大戦中の呉空襲で命を失った十五歳の少女、「陶子」と出会う……。リアルな空襲の描写と、現在の呉のまちの風景をふんだんに織り交ぜながら、死んでいったものたちの思い、生きているものたちの思い、そして、人々が暮らすまちの中に残る思いを描いていく。著者の故郷でもある風光明媚な港町「呉」を舞台に繰り広げる渾身の作品。
続きはコチラ



キャッチャー無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


キャッチャー詳細はコチラから



キャッチャー


>>>キャッチャーの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)キャッチャーの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するキャッチャーを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はキャッチャーを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してキャッチャーを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)キャッチャーの購入価格は税込で「432円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)キャッチャーを勧める理由

キャッチャーって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
キャッチャー普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
キャッチャーBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にキャッチャーを楽しむのにいいのではないでしょうか。


コミックを購読するというなら、BookLiveキャッチャーサービスでちょっとだけ試し読みすることをおすすめします。物語のテーマや人物などの絵柄などを、事前に確認することができます。
様々な本を手当たり次第に読むという人からすれば、何冊も買い求めるのは家計にもダメージを与えてしまうものだと考えられます。だけども読み放題というプランなら、書籍に要する料金を抑制することが可能です。
売り場では、本棚のスペースの問題で扱える漫画の数に限界がありますが、BookLiveキャッチャーであればそんな問題がないため、マニア向けの単行本も販売できるのです。
漫画が趣味な人からすると、手元に置いておける単行本は大切だと思いますが、気軽に楽しみたいという人であれば、スマホ経由で読めるBookLiveキャッチャーの方が扱いやすいでしょう。
「並んでいるタイトル全てが読み放題だったら良いのに・・・」という漫画オタクの要望を聞き入れる形で、「月額料を支払えば都度の支払いは必要ない」という形式の電子書籍が生まれたわけです。


ページの先頭へ