BookLive「ブックライブ」の生贄無料立ち読み


元ボクサーの柚木俊哉は、ギャンブルでつくった借金を返済するために銀行を襲撃! 計画は成功したが何者かに仲間を殺され、手にした金も奪われ逮捕された。5年の刑期を終えて出所した彼は、背後に蠢く黒い陰謀をつきとめ、仇の妻と娘に襲いかかった。エロスと暴力のアクション長編。(『地獄の十点鐘(テン・ゴング)』改題)
続きはコチラ



生贄無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


生贄詳細はコチラから



生贄


>>>生贄の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)生贄の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する生贄を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は生贄を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して生贄を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)生贄の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)生贄を勧める理由

生贄って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
生贄普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
生贄BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に生贄を楽しむのにいいのではないでしょうか。


スマホユーザーなら、どこでも漫画を読むことができるのが、コミックサイトの最大のポイントです。買うのは1冊単位というタイプのサイトや1カ月定額制のサイトなど様々あります。
BookLive生贄を広めるための戦略として、試し読みができるという取り組みは優れたアイデアだと言えるでしょう。時間を気にすることなく大体の内容を読むことが可能なので、ちょっとした時間を使って漫画選定ができます。
無料電子書籍なら、敢えてお店まで出掛けて行って立ち読みであらすじを確認する必要性がなくなります。こんなことをしなくても、「試し読み」さえすれば中身のリサーチができてしまうからです。
「並んでいるタイトル全てが読み放題なら、どんなに楽しいだろう」というユーザーのニーズをベースに、「月額料金を支払えば毎回の支払いはいらない」という形の電子書籍が誕生したわけです。
「家じゃなくても漫画をエンジョイしたい」などと言う人に便利なのがBookLive生贄だと思います。かさばる漫画を携帯するということからも解放されますし、手荷物の中身も減らすことができます。


ページの先頭へ