BookLive「ブックライブ」の日米野球史無料立ち読み


イチロー、佐々木の活躍に沸くメジャー・リーグ。しかし日本のプロ野球がメジャーに近づくまでには遠く険しい道のりがあった。日米野球交流はどのように発展してきたのか。本書はその歴史をふり返り、プロ野球発展に尽力した人々の逸話を紹介。特に最大の功労者であった鈴木惣太郎氏の日記を元に綴っている。昭和9年の大日本東京野球倶楽部創設の裏話から、戦後のプロ野球がGHQの計らいでスピード復活を遂げた話、カージナルス来日と長嶋の活躍など、今明かされる逸話が満載。プロ野球存亡の危機に、日米野球は今後どうあるべきか。ベースボールを真に愛した男達による激動の物語。
続きはコチラ



日米野球史無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


日米野球史詳細はコチラから



日米野球史


>>>日米野球史の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)日米野球史の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する日米野球史を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は日米野球史を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して日米野球史を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)日米野球史の購入価格は税込で「650円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)日米野球史を勧める理由

日米野球史って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
日米野球史普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
日米野球史BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に日米野球史を楽しむのにいいのではないでしょうか。


コミックの購買者数は、毎年のように低下の一途を辿っているのです。昔ながらの販売戦略に捉われず、いつでも読める無料漫画などを打ち出すことで、新規顧客数の増大を企図しています。
読み放題というサービスは、電子書籍業界にとってはそれこそ革命的とも言える取り組みなのです。ユーザーサイドにとっても販売者サイドにとっても、プラスの面が多いと言えるでしょう。
BookLive日米野球史を読みたいなら、スマホが便利です。パソコンは持ち運ぶなんてことはできませんし、タブレットもバスなど人混みの中で読むという場合には向いていないと想定されるからです。
講読者数の伸び悩みが嘆かれる中、電子書籍は今までにない仕組みを採り入れることで、新規ユーザーを増やしています。既存の発想にとらわれない読み放題というプランがそれを現実化したのです。
BookLive日米野球史のサイトそれぞれですが、1巻全部のページを料金なしで試し読みできるというところもあります。1巻を読んで、「楽しいと思ったら、2巻以降の巻をお金を払ってダウンロードしてください」というサービスです。


ページの先頭へ