BookLive「ブックライブ」のボスと秘書の休日無料立ち読み


あのゼイン・ロレンソンの秘書になれですって?婚約者ポールの頼みに、ゲイルは愕然とした。ゼインは七年前、高校生だったゲイルが一方的に熱を上げ、悲惨な結末を迎えた初恋の男性……もう二度と会いたくない。それでも、僕を愛しているならできるはずだとポールに迫られ、彼女はやむなくゼインの会社の機密情報を入手する役目を引き受けた。再会を恐れながらゼインとの面接に出向いた彼女だったが、すっかり大人の女性になったゲイルにゼインは気づく様子もない。その場で秘書に採用され、出張への同行を命じられて、ゲイルの心は揺れ動いた。何もかもが急すぎ、危険すぎて……。
続きはコチラ



ボスと秘書の休日無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


ボスと秘書の休日詳細はコチラから



ボスと秘書の休日


>>>ボスと秘書の休日の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ボスと秘書の休日の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するボスと秘書の休日を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はボスと秘書の休日を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してボスと秘書の休日を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)ボスと秘書の休日の購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)ボスと秘書の休日を勧める理由

ボスと秘書の休日って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
ボスと秘書の休日普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
ボスと秘書の休日BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にボスと秘書の休日を楽しむのにいいのではないでしょうか。


連載期間が長い漫画は何十巻と買う必要があるため、さしあたって無料漫画で読んでチェックするという人が増加しています。やはりその場で漫画を購入するというのは無理があるということでしょう。
「電子書籍は遠慮したい」という愛読家の方もそこそこいるようですが、1回でもスマホで電子書籍を閲覧してみたら、その手軽さや購入の楽さからヘビーユーザーになる人がほとんどだとのことです。
電車に乗っている時も漫画に触れていたいと欲する人にとって、BookLiveボスと秘書の休日ほど楽しいものはないのではと思います。スマホというモバイルツールを持っているだけで、簡単に漫画を堪能できます。
さくさくとアクセスして閲覧することができるのが、無料電子書籍なのです。販売店まで訪ねて行く必要も、通信販売経由で買った本を受領する必要も全くないのです。
スマホを使用して電子書籍をゲットすれば、会社への通勤中や休憩時間など、どんなタイミングでも読めます。立ち読みも可能ですから、書店まで足を運ぶまでもないということです。


ページの先頭へ