BookLive「ブックライブ」の過去への扉無料立ち読み


母親の過去を探すレブルは、意を決して館の呼び鈴を鳴らした。だが現れたのは長身のハンサムな男性ヒュー。しかもレブルを新しい乳母と誤解していた。一旦、誤解を解いたものの、孤児セレストの意固地な姿に自分を重ね、彼女のために館へ留まることにしたレブル。義父娘を関係修復しようと彼と親しく接するうちに!?
続きはコチラ



過去への扉無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


過去への扉詳細はコチラから



過去への扉


>>>過去への扉の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)過去への扉の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する過去への扉を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は過去への扉を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して過去への扉を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)過去への扉の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)過去への扉を勧める理由

過去への扉って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
過去への扉普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
過去への扉BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に過去への扉を楽しむのにいいのではないでしょうか。


スマホにダウンロードできるBookLive過去への扉は、出掛ける時の荷物を軽量化するのに役立つはずです。カバンの中などに読もうと思っている本を入れて持ち運ばなくても、いつでも漫画を読むことが可能なのです。
現在連載中の漫画はかなりの冊数を購入することになりますので、あらかじめ無料漫画でチョイ読みするという人が増えています。やっぱりその場ですぐに書籍を購入するのはハードルが高いのでしょう。
「すべての本が読み放題だとしたら良いのに・・・」という利用者の要望を反映する形で、「毎月固定の金額を払えば個別に支払う必要はない」という形式の電子書籍が生まれたのです。
購入してしまってから「自分が思っていたよりも楽しむことができなかった」と後悔しても、買った本は返品などできません。ですが電子書籍なら先に試し読みすることが可能なので、そうした状況をなくせるのです。
読み放題というのは、電子書籍業界でしか成しえない言わば先進的な挑戦になるのです。本を買う側にとっても出版社側にとっても、プラスの面が多いのです。


ページの先頭へ