1. ブックライブはお得なキャンペーン・セール多数開催中!クーポンも使えて超お得
  2. BookLive(ブックライブ)スマホ立ち読み2|ブックライブお得な情報一覧
  3. ブックライブ作品3|ブックライブお得な情報一覧
  4. プロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇|ブックライブお得な情報一覧

BookLive「ブックライブ」のプロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇無料立ち読み


日本と中国、かつて戦火を交えた両国が、国境を超えて協力しあった壮大なプロジェクトがある。戦争の悲劇の象徴と言われた『中国残留孤児』の身元捜しのプロジェクトである。史上例のない、日中協力の一大プロジェクトのドラマ。 昭和48年3月。壮大なプロジェクトの発端となる会が生まれた。『日中友好手をつなぐ会』。それは、一人の男の執念が生み出したものだった。長野県阿智村で寺を営む住職、山本慈昭、73歳。昭和20年5月、最後の満蒙開拓団の教員として、満州に赴いた男である。敗戦の混乱の中、山本はシベリアに抑留、妻と二人の娘は、極寒の満州で亡くなった。330人の開拓団のうち、生きて日本に帰ったのは、わずか42人だった。昭和44年夏、山本は驚くべき事実を知る。中国で死んだと聞かされていた娘の啓江は、中国人に預けてきた、生きているかもしれないというのである。山本は、一人、中国に残された娘を捜し始めた。 孤軍奮闘する山本の周りには、同じ思いの32人が集まった。『日中友好手をつなぐ会』の誕生だった。しかし、時の中国は文化大革命の真っ只中。孤児たちと自由に連絡を取り合うことも出来なかった。しかし、会のメンバーたちは、執念で孤児捜しへの闘いを続けていく。そして、その執念は、最後、感動の奇跡を呼び込むことになった。
続きはコチラ



プロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


プロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇詳細はコチラから



プロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇


>>>プロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)プロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するプロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はプロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してプロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)プロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇の購入価格は税込で「108円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)プロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇を勧める理由

プロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
プロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
プロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にプロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇を楽しむのにいいのではないでしょうか。


今流行りの無料コミックは、スマホやタブレットで見ることができます。電車などでの通勤中、会社の休憩時間、医療施設などでの順番待ちの時間など、いつでもどこでも気負わずに読むことが可能なのです。
手に入れるかどうか迷っている漫画があるときには、BookLiveプロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 大地の子 日本へ中国残留孤児・35年目の再会劇のサイトで料金不要の試し読みを行なってみることをおすすめしたいですね。斜め読みなどして読む価値はないと思ったら、決済しなければ良いだけです。
「電子書籍は好きじゃない」と言われる愛読家の人もそこそこいるようですが、一度でもスマホを活用して電子書籍を読んでみたら、その気楽さや決済の簡便さからリピーターになるという人が多いのだそうです。
一日を大切にしたいなら、空き時間を如才なく活用することを考えなければなりません。アニメ動画を見るのはバスの中でもできるので、このような時間をうまく利用するべきでしょう。
1台のスマホで、読みたいときに漫画を閲覧することが可能なのが、コミックサイトの良いところです。1冊1冊で買うスタイルのサイトや月極め料金のサイトなど多種多様に存在しております。


ページの先頭へ