BookLive「ブックライブ」のLine無料立ち読み


日向舞(ひなた・まい)13歳。同級生の勇心(いさみ)に、初めての恋をしました。近づきたいのに素直になれない。せつなくて、苦しくて、でもやっぱり好きで……。大ヒットケータイ小説『天使がくれたもの』の原点、舞の中学時代の初恋を描いたサイド・スイトーリー。これを読めば、『天使がくれたもの』がもっと好きになる!
続きはコチラ



Line無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


Line詳細はコチラから



Line


>>>Lineの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Lineの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するLineを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はLineを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してLineを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)Lineの購入価格は税込で「432円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)Lineを勧める理由

Lineって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
Line普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
LineBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にLineを楽しむのにいいのではないでしょうか。


電子書籍も一般の本と同じで情報そのものが商品なので、気に入らなくても返品することは不可能となっています。そんなわけで、自分の好みに合うかを確かめるためにも、無料漫画を読むことを推奨します。
鞄を持ち歩かないという男の人にとって、スマホで無料電子書籍に夢中になれるというのは物凄いことなのです。荷物の量は増えないのに、ポケットに保管して書籍を持ち歩けるというわけです。
購入したあとで、「思ったよりもつまらなかった」ってことになっても、購入した本は返品などできません。ですが電子書籍なら最初に試し読みができるので、こうした事態を防ぐことができます。
お店では軽く読むのも後ろめたさを感じるという漫画でも、無料漫画サービスを採り入れている電子書籍であれば、好みかどうかを確かめた上でダウンロードすることが可能です。
重度の漫画好きな人からすると、読了した証として収蔵している単行本は大事だということに異論はありませんが、「読めればそれで十分」という人だとすれば、スマホ経由で読めるBookLiveLineの方が使い勝手もいいでしょう。


ページの先頭へ